スポンサーリンク

電子ドラム TD-11-KQの使用感をレビューする

TD-11はRoland製の電子ドラムで、それに静音ペダルが付属したKQというモデルです。私の購入金額は11万円、モデルチェンジ前の在庫処分だったので激安です。

製品の位置付けとしてはミドルエンド~ローエンドの間くらいです。打面がフルメッシュである割には安め、くらいの感覚ですね。もちろん安い買い物ではありませんが。

購入動機はライブに向けての練習用。逆にそれ以外の動機で買うと、ほぼ部屋の肥やしになります。インテリアとしては大きすぎます。

ドラムに興味がある、とりあえず叩いてみたいという動機であればスタジオ通いをおすすめします。個人練習の相場は一時間500円~1000円、電子ドラムの購入費用を10万円とするなら100回は通える計算です。複数名での利用なら割安になりますし、長時間の利用が可能です。

ですのでいきなり電子ドラムを買ってしまうよりは、とりあえずスタジオへ行くほうが良いです。

では本題、使用感をレビューします。

スポンサーリンク

購入理由

まず私が判断材料としたのはどこの製品かということ。電子ドラムは新興メーカーもそれなりにあるのですが、ぶっちゃけ品質は良くないです。ちょっと高めのオモチャという感じなので、本気でドラムを練習するには向いていません。

となるとやはり有名メーカーから選ぶのが無難、つまりRoland・YAMAHAの何れかです。

試奏した限りではRolandの音の方が好みでしたし、遅延などの違和感もありませんでしたのでRoland製を購入。

その中でTD-11-KQは全てメッシュヘッドの割に価格は安く、静音ペダルまで最初から付属しているという点が優れていました。

音質について

音に関してはほぼ文句なし。ややエフェクト感が強いですが綺麗な音であることは間違いないです。自然な音かというと微妙ですけどね。そこは電子楽器なので妥協点です。

音の種類も豊富で色々作り込めるんですけど、私はプリセットの「Real Rock」というちょっと恥ずかしいサウンドを使っています。音の響きがライブハウスっぽくて気に入りました。

音質や音色に不満はほぼなし。

レスポンスについて

これは明らかに良いです。遅延を全く感じません。概ねRolandの電子ドラムはレスポンスが良いという評価のようです。YAMAHAと比べてどうという事も無いんですけどね。もちろんYAMAHAも遅延は感じませんが。

感度について

初期設定では感度が妙に悪いです。そこそこ強めに叩かないと音が出ません。これはスレッショルド(閾値のことです)の値を変更すれば良いだけなので問題ありません。

スレッショルドの値は「最低どれだけの強さで叩けば音が鳴るのか?」ということですね。

私はほぼ最低にしており、要はどれだけ弱い音で叩いても音が出る状態にしています。それで問題があれば少しずつ上げていけば良いだけです。

操作性について

モジュールの操作性は良好。まあ電子楽器は基本的にパラメーターの設定が難しいという前提ではあるのですが。最近の製品は大きめの液晶がついてますので楽ですね。パッドごとのボリューム変更なども簡単。
曲もAUXとUSBメモリから流せますので曲を聞きながらの練習が非常に快適です。

機能について

コーチング機能はめっちゃ充実してます。本来のリズムとのズレを教えてくれますし、カウントアップ&ダウンとかも当然のごとく実装。BOSSのメトロノームより優れていました。

この機能だけを実装したメトロノームとか出して欲しいんですけどね。

静音性について

大前提として電子ドラムはめちゃくちゃうるさいです。騒音の根幹を成すのはペダルです。このモデルは最初から静音ペダルのFT-9とKD-9が付属しておりますので、一番うるさい部分が解消しているんですね。
クニャっとした独特の手応えではあるのですが慣れたらちゃんとダブルもできました。

おそらく静音性は業界一じゃないでしょうかね。

組み立てについて

組み立ては微妙に分かりづらかったです。完成してしまえば簡単な構造だと分かるのですが、製品の特性上似たようなパーツが多く説明書を凝視する必要がありました。
作業難易度が高いわけではないので誰にでもできるんですけどね。もちろん大した力も必要なし。

総合的にかなり満足のいく製品で、特に静音性と練習用機能の充実は素晴らしいです。私は曲を覚えるのが苦手なのですが、USBメモリの音楽再生機能とループ機能のおかげで何とか覚えられました。

電子ドラム全般に言えることですが、曲を覚えるということに関してかなりの威力を発揮します。

入門用としては贅沢すぎるほどの高機能っぷりで、オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました