スポンサーリンク
DIYギター

サウンドハウスのシールドってどうなの?

私の手元にはサウンドハウスオリジナルのクラシックプロのシールドケーブルがあります。友人からの貰い物です。

3mのS-Lでも僅か500円ですから激安です。ライブで何の問題もなく使えていましたのでコストパフォーマンスは最強レベル。

しかしながらいつまでも安物を使っているのもどうかと思いベルデンのシールドに買い換えたのですが、音の差に愕然としました。

クラシックプロの方が音が良かったのです。

何を以って音が良いとするのかは判断が分かれるところですが、サウンドハウスの方が明らかに音がクリア。ベルデンは音が篭ってドンシャリ傾向です。それを音が太いとして好むユーザーもいるとは思いますが・・・。

私は原音に忠実かつクリアな方が良いと考えますので、ベルデンは全然合いませんでした。高かったのに!

スポンサーリンク

中を見てみる

外見上は、クラシックプロはチップが金メッキされているところが良いですね。スイッチクラフト製ジャックとの嵌合も悪くないです。

絶縁はスリーブではなく収縮チューブですね。しかもホット側まで絶縁されているので好印象。はんだ付けも綺麗です。

シールドを切断して中身を見てみましょう。わざわざケーブルカッターを使わずとも、銅線なんてニッパーやペンチでも問題無いです。ただケーブルカッターだとケーブルが逃げず、刃先が交差しているため軽い力でズバッと切断できてオススメです。

何と二重シールドになっていました。音質への影響は分かりませんが、ノイズ耐性は高いはずです。ただし一層における網目は少し疎になっています。

断面が分かりやすいように、大袈裟に剥いてみました。シース・シールド・絶縁体・シールド・導電ビニール・被覆・芯線という構造ですね。この価格でこれは素晴らしい。芯線はちょっと細い気がしますが音は良いので問題無いはずです。最後の被覆はちょっと熱に弱いかな。

スポンサーリンク

唯一の欠点、色移り

こんな感じで色々と素晴らしいクラシックプロのシールドケーブルですが、とある理由によりお蔵入りになっていたのです。それは・・・。

白い棚に紫色の着色が・・・。

色移りが激しい事です。紫色のせいなのか単なる劣化なのかは不明ですが、棚、壁紙、床など・・・。とにかく石油製品との親和性が高いようで、色んなところに紫色の痕跡が。これはいけない。

音は良い!ただし色移りが激しい!

そういった事情から使わなくなってしまったのでした。

現在のロットや新品では色移りしない可能性がありますが、私的には紫以外をおススメいたします。

自宅用に黒を何本か買い足したのですが、今のところ色移りは起きていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました