スポンサーリンク
ギター安ギター

いくらからが良いギターなのか?

定期的に話題になる、「良いギター」と「その値段」の話。

川島「こないだもアインシュタインの稲田がギター買おうと思うんですけどっつってて、予算なんぼぐらいって聞いたら10万円くらいって言うから、ふざけんなと。やっぱ10万じゃなかなかええモン買われへんから。」

スタッフ「ハァ〜〜〜ソウナンデスネェ〜〜〜」

私はくっきーが芸人としてもギタリストとしても好きだけれど、この意見には大反対だし、間違っていると思う!私の友人も皆反対していた!それは売れている芸人、ギタリストとして高級なビンテージギターを買いまくっている人の偏った意見だ!どう考えても10万円という価格帯はボリュームゾーンだし、良いギターは沢山ある!

良いギターを買うべきという意見には賛成だ。その方が練習のモチベーションが保てるし、飽きてしまったとしても最後に価値が残る。だから身の丈に合わないギターを買っても全然構わないと思う。一方安ギターは数年経つと一銭にもならない。

しかし10万円じゃ良いギターが買えないとなっては全国のギターキッズが絶望してしまうし、Fender Japanやフジゲンの人も悲しむだろう。

とあるアコースティックギター講師の方が言うには、20万円くらいのギターはやっぱり良い音がするらしい。そしてその方は、まともなギターの最低ラインは「6万円」だと仰っていた。その辺りが、日本製のギターとその他アジアのギターの境界線であると。

アコギとエレキは全く異なる分野であるが、私も同意見である。

今は原材料費が上がっているためもう少しするとは思うが、やはりまともなエレキギターを作って売るとなると10万円近くになるだろうし、日本製が値段に見合っていて良いように思う。

アジアのギターも最近良くなってきてはいるが、やはりそれらは「安さ」を追求してできた産物であり「良いギター」を目指したものではない。

ちなみに私の手元にはインドネシア製のギターがあるが、正直酷い。ザグリからパーツの加工に至るまで全てがガタガタである。なんとか音は出るものの、これを使い続けようとは全く思わない。

必ずしも日本製が良いという話ではないが、やはり他のアジア製との間には大きな隔たりがあるように思う。ちなみに1970年頃の日本製も結構酷い。

スポンサーリンク

Fender Japanの場合

Electric Guitars | Fender
音楽の可能性を創造し、そして再定義した"本物"、フェンダーのエレキギター。

日本製シリーズを安い順にソートしてみた所、最も安いのは¥93,280だった。今はFender Japanというブランドは存在しないが、日本製フェンダーの評判はお墨付きだ。

私の周りでもフェンダージャパンユーザーはとても多いし、メインで使っているプロも居るくらいだ。これを安物と断ずるのは無理がある。実績に裏打ちされたフェンダージャパンは間違いなく良いギターだろう。

スポンサーリンク

フジゲンの場合

Electric Guitar |
フジゲン オンラインショップ(ホーム)老舗ギターメーカーフジゲンの公式オンラインショップです。オリジナル・ブランドのギター・ベース・ウクレレを販売。ウェブ上でカスタマイズし注文できるウェブオーダーもあります。

フジゲンは国産ギターの雄。下請けメーカーでもあるし、自社のギターも販売している。要はファクトリーブランドだ。車のウッドパネルや住宅設備も手がけており、優れた木工技術を持っている。

そんなフジゲンブランドで販売しているギターは、一番安いもので¥58,960であった。技術も歴史もあるフジゲンが、自社のファクトリーブランドとして作ると6万円程度。これは一つの目安になると思う。

私の先輩はフジゲン製の10万円のジャズベースタイプを使っていたが、皆が声を揃えて良い音だと言った。しかもプッシュプルポットのターボ回路まで搭載している。おそらくこの価格帯でフジゲンを上回るものは無いだろう。

スポンサーリンク

Bacchusの場合

バッカスの場合はどうか。バッカスはディバイザーが保持するブランド。Handmade seriesは長野県の自社工場で一本一本丁寧に生産されている。

T-STANDARD ASH | Deviser |株式会社ディバイザー|長野県松本市のギターメーカー

最安値は¥140,000と、他よりも少々お高い。しかしハンドメイドであることを考慮するとむしろ安いのではないだろうか。

バッカスも評判が良いし、木や塗装がとても美しいことで知られている。一時期はボディ材にマンゴーウッドを使用したユニークなギターを販売していた。

10万円のギターを比べてみて

国産で約10万円のギターを見てみたが、如何だろうか。ちゃんとしたメーカーが作ると最低でも10万手前になることが分かるから、やはり良いギターというかまともなギターの境界線はその辺りじゃないかと思う。

10万円前後は激戦区であろうから、どのメーカーもラインナップが充実していて鎬を削りあっている。

そんなギターを「安物」と断ずることは絶対にできないと、私は思う。

もちろんギターというのは上を見ればキリがないし、高価なヴィンテージギターに慣れていると目が曇り、10万20万のギターが安く思えてくるのは分かる。私の友人でもそういうのが居る。

しかし10万円前後のギターがプロアマ問わず受け入れられている実態を見ると、やはりそれは良いギターと言っていいのではないか。

普通に買い物に行って10万円の買い物をする事は稀だ。他の趣味と比較しても、一度に10万円を支出するのは決して安い買い物ではない。

高級機材を買い揃えるのも良いけれど、今一度ギターの本質的な価値を見つめ直してみるのも良いかもしれない。

最後に。

10万円もあれば良いギターは買える!国産最高!フジゲン、フェンダージャパン、バッカス最高!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nanodesuをフォローする
スポンサーリンク
がんばれジャズマスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました