フェンダー

フェンダーについて

スポンサーリンク
DIY

マスタリーブリッジ M1とM2の違い

M2にはミリとインチの足が両方付属する。M2は底面に円形の溝があるため判別は容易。 M1にはインチサイズの足が付属、M2にはインチサイズとミリサイズの足が両方付属しています。以上です。 つまりM2を買ってしまえばUSA...
DIY

ジャズベースの配線をターボ化する

私のジャズベース。このジャズベはカスタムショップ製でありながら、素人の手でゴリゴリに改造されておりもはや原型を保っていません。 こうなってくるともう歯止めを失って、色々試したくなる性分です。新品だったら余計な事はしたくないで...
DIY

遂にマスタリーブリッジを導入する

遂にです。どうしても我慢できなくなり、マスタリーブリッジを購入してしまいました。 これだけで30,000円とかします。私のジャズマスターは購入価格60,000円、それに対してブリッジが半分の価格だとは・・・。 内容を確...
スポンサーリンク
DIY

ジャズマスター JM66の細部を見ていく

ジャズマスターのネックとピックガードを外しました。
ギター

日本製ジャズマスター特有の強すぎるハイについて

ジャズマスターといえば、フェンダーギターとしては太く甘いサウンドが特徴です。ただしそれはUSAの話。 日本製のジャズマスターはどういうわけか、ハイがめちゃくちゃ強いのです。 それもシャキシャキした歯切れの良いサウンドということ...
DIY

ネジのサビを落とす

サビ落としのお話です。 ギターの金属パーツは錆びやすく、特にピックガードビスやポールピースが顕著です。汗で汚れやすいためですね。 ピックガードのネジぐらいだったら交換するのが楽で安上がりです。 しかしギターに使われている...
ギター

ジャズマスターは弾きづらいのか

どうも「ジャズマスター 弾きにくい」といった検索語句でこちらにたどりつく方が多いようです。 ありがとうございます。弾きづらいです。 当ブログはジャズマスターのダメな部分をフィーチャリングしたブログですので大変喜ばしいこ...
ギター

Fender Japanを選ぶ理由

結論から言って安い上にリセールが良いからです。 まあ大体良いギター、有名なギター、人気なギターはリセールが良いんですけどね。ギターを買うにあたって、売却の事を考えないわけにはいきません。 特にメーカーを代表するような機...
DIY

ジャズベースのレストア ギターのステッカーを剥がす方法

私の譲り受けたジャズベにはステッカーが貼られていましたので除去します。 使用するのはミツワのソルベント。糊を剥がすための専用品なのでかなりの高性能です。ステッカーがベタベタに貼られたギターであっても、これを使えば簡単に除去で...
DIY

ジャズマスターの弦落ち対策 ネックポケットにシムを入れる

今回はネックポケットにシムを入れます。前々からやろうと思っていたのですがめんどくさくて。 USAのジャズマスターにはデフォルトでシムが入っているんですけどね。何故か日本製では省略されています。 なぜシムが必要なのかというと、ネ...
DIY

「Fender」のギター偽物製造販売、男性美容師を書類送検

昨日のニュースです。フェンダーの偽物を作って、それを売って書類送検されてしまったと。 およそ3万円で売っていたとのことですから、結構良心的じゃないか?と思ってしまいました。フェンダーのロゴさえなければ捕まらなかったでしょ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました