当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

愛すべき欠陥ギター、ギブソンSG

フェンダーはジャズマスターを始めとした欠陥ギターを数多く輩出しておりますが、ギブソンにも欠陥ギターは存在します。その名はギブソン・SG。基本的にギブソンのギターは設計が良く目立った欠陥というのは少ない印象です。レスポール系の弾きやすさは言うまでもありませんし、セミアコには合理的な美しさがあります。その中でSGは少々浮いた存在です。
SGはレスポールの後継として開発されました。ボディは軽量化を狙って薄く小さく設計され、レスポール譲りのコントロールは一見使いやすそう。ダブルカッタウェイはSGの象徴ともいえるもので、「エレキギターっぽさ」が色濃く現れていますね。何となくヘヴィな音楽をイメージします。しかしその薄く小さく鋭く尖ったボディシェイプが最大の特徴であり、欠陥でもあるのです。

唯一の欠点、重量バランス

ダメな理由はSGを手に取ればすぐに分かります。それは「重量バランスが最悪」であるということ。ギターというのはヘッドをやや立てて演奏しますから、ほとんどのギターは自然とそういったポジションになる重量バランスで設計されています。

ストラトやレスポールなどは手を離してもちょうどいい角度がキープされますね。しかしSGはヘッドが重くボディが軽いためヘッド側が落っこちてきてしまいます。ストラップピンの位置も悪くネックの裏側に配置されています。

レスポールのボディは比較的重かったものですから、その反省を活かしてボディが薄く小さく作られたんですよね。その結果重量バランスが崩れてしまったようです。実際に持つと分かるのですが、常にギターを左手で持ち上げながら弾くことになってしまいます。実はこれって結構辛い。

ヘッド落ち対策はあるのか?

こちらはヘッドアップストラップの製品画像ですが、もう手に入らなさそうです。ボディに重りを貼り付けるプレイヤーもいらっしゃいますが、綺麗に仕込むのは難しいですね。本体の加工が不要なのでお手軽ではありますが・・・。しかしせっかく軽量化をねらって設計されたボディに、重りをベタベタ貼り付けてしまうのは本末転倒のような気がします。あとはストラップピンの位置をカッタウェイ部分に移設するというのもありますが、木部にはあまり手を加えたくありません。

レザーストラップを使う

お手軽な策としてはストラップの交換があります。革製のストラップは摩擦が強く滑りにくいですから。ナイロンやポリはツルツル滑りますのでSGとの相性は最悪です。服との相性もありますね。シャカシャカした服とSGは合わせない方が良いです。綿の服にしましょう。

ロングヴァイブローラを取り付ける

トレモロユニットを取り付けてボディ側の重量を稼ぐといった手法ですね。ただロングヴァイブローラは単なる板バネで、大して重くないため劇的な改善は望めません。ボディにビス止めするので効果の割にリスクが大きいです。昔のSGにはロングヴァイブローラが付いていてヘッド落ちしない個体もあったそうです。

ビグスビーを取り付ける

こちらも同様にトレモロユニットを取り付けるといった手法ですがビグスビーです。SGであればB7の見た目が好みですね。ビブラメイトを使えば木部の加工が必要無いため、ロングヴァイブローラよりは現実的な策だと思います。B7ビブラメイトと組み合わせるとかなりの重量が稼げそう。

総括

SGはプレイヤーに工夫を強いるギターです。使っているうちにヘッド落ちは気にならなくなるという意見もありますけどね。後継機がダメダメというのはギブソンとフェンダーで全く同じ傾向ですね。ギターの世界には兄を超える弟は居ないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました