スポンサーリンク

給付金でグレッチ買っちゃった・・・

給付金で何を買うかというのはお手軽な話題です。生活に困っていない限りは、ちょっと良い物や欲しかった物を買いたくなりますね。貯金は悪手で、ここは使ってしまうべきじゃないでしょうか。繰り返しますが、困窮していない限りは。

私の周りはギターバカばかりなので、給付前にギターを買っちゃった人が大勢居ます。

Fullertoneだのフジゲンだのミュージックマンだの。Fullertoneなんて40万円したそうです。残りの30万円をどう捻出したんでしょ。

私も例に違わず、給付前に10万円を上回るギターを買ってしまったクチです。何とグレッチのG6120 Nashville、20万円以上しました。これでも多少安くしてもらった方です。エレマチでなく日本製のグレッチ、私のような下手の横好きには手に余るかもしれないギターです。

こんな素晴らしいギターを買うに至った経緯といいますと、何となくグレッチに憧れはあったわけです。みんなで給付金でどんなギターを買うか(ギター前提なのがギターバカです)話してた所、そういえばグレッチ欲しいよなあなんて思っていたんです。

じゃあグレッチの何なのかというと、ホワイトファルコンナッシュビルで悩んでいましたね。カントリージェントルマンも候補に上がりました。ナッシュビルと言えばデジモンの挿入歌「Brave heart」のPVで宮崎歩氏が持っているのが印象的で、やたら古臭いPVをみんなで見ていました。

そんな話をしていた次の日、ラジオを聞いているとBrave heartが流れ始めたんです。

たまたま最近防災用にラジオを買って、動作確認がてら聴いていた時の話です。あまりの偶然に笑ってしまった私は、程度の良いナッシュビルを探し始め、間も無く購入してしまったのでした。

決して安い買い物ではないですが、完全に好みの仕様で程度も良かったのでお得に感じます。似たような年代、程度のものでこれより安いものは存在しませんでした。販売元も大手の楽器屋さんで信頼できそうだったのも決め手の一つです。実際よく調整されていて、非常に弾きやすいコンディションでした。見た目も美しく、見た友人は新品と勘違いしたほどです。

小柄な私に上手く弾けるのかは分かりませんが、これから大切に弾いていこうと思います。

とにかく高価なグレッチですが、最近は廉価版にも注力しています。2016年にはエレクトロマチックよりも更に安いストリームライナーシリーズを発表しました。インドネシア製です。エレマチのフルアコが185000円(税抜)なのに対し、トリームライナーのフルアコは110000円(税抜)と四割もの価格圧縮を実現しています。エレマチはそこそこ良いパーツを使用していますが、ストリームライナーは廉価なパーツを使用しておりそのあたりの価格差が出ているんでしょう。

廉価版とはいえグレッチはグレッチ、見た目は最高にカッコいいのでようやく初心者の選択肢に入るようになったという感じですね。やはりギター業界、間口を広げなくては生き残れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました