当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

グレッチの年代別 ボディシェイプの違い

私が購入したグレッチの型番はG6120-1960です。日本製のGシリアルで、2003年~2005年あたりに存在したモデルだと推測できます。

型番からすると、1960年当時を再現したモデルでしょうね。シリアルはJT0510XXXXです。

Japan,Terada,2005,10,XXXXと読み取れます。日本の寺田楽器で2005年10月に製造されたXXXX本目のギターということですね。

6120ナッシュビルといえばグレッチの代表的なモデルで、チェット・アトキンスのシグネチャーモデルです。6119テネシアンも6122カントリージェントルマンも同様。シグネチャーモデルがそのままメーカーの代表機種になってしまったという点は、ギブソンにおけるレスポールと全く同じですね。

グレッチは思いつきで仕様がコロコロ変わりますので、バリエーションは多岐に渡ります。本当に1960年製と全く同じ仕様なのかと言われると、私は当時を知る人間ではないので全く分からないのです。

とはいえ細部の一つ一つが非常に気に入っておりますので、特定の年代の再現度は重視しておりません。自分の好みに合致しているのでOKです。

シリアルはG付きか?

型番の先頭にGが付くかどうかは大事な要素で、これの有無でボディシェイプが異なります。グレッチが日本製に切り替わったのは1989年以降で、Fenderに買収されたのが2002年末です。その後2003年からGが付くようになり、シェイプが大幅に変更されました。

いかり肩かなで肩か?

左がGシリアルのモデル。ボディ左肩がなだらかですが、右の無印シリアルはは直線的でいかり肩になっているのが分かります。

フェンダー買収以前のPre-Fender期日本製グレッチは、何を思ったか不人気時代のボールドウィン期のシェイプに寄せています。Fender買収以降のGシリアルはボディ左上のカーブがなだらかですが、無印はネックから直線的にボディラインが伸びて、急激にカーブしているのが分かります。通称いかり肩。

カッタウェイ部分の角度も違い、17フレット付近のカッタウェイ開始位置を見比べると一目瞭然です。Fender買収後のGシリアルは設計が見直され、ヴィンテージ品を採寸し直したそうです。ボールドウィン買収以前のよりヴィンテージライクなシェイプとなったんですね。

良し悪しの話でなく、あくまでどの年代を再現したかということですね。そういうわけでPre-Fender期の無印とFender期のG付きでは結構な違いがあるのです。お店でも型番表記が間違っている事がありますので注意が必要です。

ちなみに1989~2002年の日本製は上記の理由により不人気で低めの相場で取引されています。

4パターンの年代とシェイプ

  • 1940年くらい グレッチ初期 丸みを帯びた小ぶりなシェイプ
  • 1970年前後~1980年ボールドウィン期 型枠の売却、火災による紛失で変なシェイプになる
  • 1989年~2002年 現行、フェンダー買収前、無印。何故かボールドウィン期の変なシェイプを再現
  • 2003年~ 現行、フェンダー買収後、G付き。グレッチ初期のよりヴィンテージライクなシェイプを再現

といった風に分けることができますね。ボールドウィン期は色々あったようで、型枠の売却や度重なる火災で型枠をロストしてしまったと。そのような混乱の最中シェイプが意図せず変わってしまったのでしょうね。

イケベ学期より引用。フルアコのエレキギターはこんな風に型にはめて作るそうです。これを失ったらマズいというのは素人目に見ても明らかです。

諸説ありますが、Gシリアル以降の品質は上々だそうな。そういった事情もあり日本製の無印は中古市場でそこそこ安く取引されており、6120であれば10万円台で入手可能です。

元々何十万円もするギターですから、シェイプを気にしないのであれば1989年~2002年のPre-Fender期はお買い得かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました