スポンサーリンク

グレッチの規格はインチ?ミリ?

スポンサーリンク

グレッチのパーツ規格には注意が必要

グレッチにはミリ規格とインチ規格が混在しているというのをご存知でしょうか。私は知りませんでした。元はと言えばアメリカ製なので当然インチ規格です。しかしながら1989年~2002年の間に生産された日本製のPre-Fender期はミリ規格でした。

Fender買収後の主要モデルは全てインチ規格へ切り替わり、日本製モデルとアメリカ製のカスタムショップはインチ規格です。要は日本製の旧製品(G無しシリアル)とエレクトロマチックはミリ規格というだけなので、特に難しいことではないんですけどね。ストリームライナーは未確認ですが多分ミリ規格でしょう。

何でそんなことを調べたのかといいますと、間違ったパーツを購入してしまったからです。それがこちら。

一番左だけインチ企画。比べてみると僅かに大きい。

並べてみて初めて気がつくのですが、インチ規格のものは僅かに大きいんですよね。左のノブは2005年製のG6120に付いていたインチ規格、右2つが間違って購入したミリ規格です。

実はこれパッと見でも何とか判別できます。それはGアローと全体の余白。ミリ規格のほうが余白が少ないのが分かります。あとはちょっとメッキが安っぽいかな。

型番も違ってインチ規格がGTN393、ミリ規格がGT393です。ちゃんと調べてから買うべきでした。

よく見るとイモネジの位置が違って、インチ規格がGの底面にイモネジがあるのに対しミリ規格はGの右側なんですね。比較対象がなくとも規格を見分けることができるかと思います。

全てがそうかは分かりませんが、少なくとも今売られているものについてはGの底面にネジ穴があります。

更にイモネジの頭も違ってインチはマイナス穴、ミリは六角穴。2mmの六角レンチが適合します。色も銀と黒で違います。

真上から見るとインチ規格の方が大きいことが分かります。こればっかりは比較しないと分かりません。

よく見ると裏側にも違いがあって、インチ規格は平らですがミリ規格の方はすり鉢状になっています。比較してみると細かな違いがありますね。

ソリッドシャフトを測ってみる。

1/4インチ=6.35mmです。ミリ規格のソリッドシャフトは6mmですから、それより大きいという時点でインチ規格と判断できます。このノギスは0.1mm単位までしか図れませんが大雑把に6.35mmに近い値を指しています。

インチ規格のパーツは新品の入手が容易ですが、ミリ規格はどうするんでしょうね。私はオークションで買ったんですけど、神田商会の公式通販にはミリ規格のパーツは見当たりません。エレマチのノブを失くしてしまった時はどうするんでしょ。廉価版や旧製品のサポートはあまり手厚くないということなんでしょうか。

何れにせよ、グレッチのパーツ購入時には規格間違いの無きよう。余ったノブはどこかに飾っておくことにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました