スポンサーリンク

ジャズマスター唯一の長所とは

ダメギターであるジャズマスターにも、ほとんど唯一と言って良い絶対的な長所があるのです。

それはボディ形状。

ジャズマスターはその名の通りジャズプレイヤーをメインターゲットとして開発されました。

そのため座って弾くことの多いジャズプレイヤーを意識して、窪みの位置を左右ずらして配置しています。オフセットウエストと呼ばれていますね。これが実に体と良く馴染むんです。

またそのせいかジャズマスターの重量バランスは良好で、立って弾くときにはしっかりとヘッドが上を向いてくれます。

ストラトは滑らかなコンター加工が施されていますが窪みの位置は左右対称で、座って弾くと体と窪みの位置が微妙に合いません。

ボディシェイプがよく似たジャズ兄弟。後発のジャズベースにもジャズの名とオフセットウエストは継承されています。

さらに後発のムスタングもオフセットウエストで、やはり良い部分は受け継がれていきますね。何故かムスタングに関しては、チューニングが狂うという欠点もしっかり引き継いでしまっていますが。

その鋭く左右非対称のボディ形状こそが、ジャズマスター最大の特徴であり唯一の長所です。

個人的にはどんな機構よりも、オフセットウエストがフェンダー随一の発明だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました