当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

ハードオフで安ギターを購入する ジャンク編

これまではハードオフにおける中古ギターの選び方を紹介しましたが、今回はさらにそれを超えるジャンク品の購入法を紹介します。むしろハードオフのヘビーユーザーはジャンク品目当てですよね。

「インテリアに欲しい」
「部品取りに欲しい」
「リペアの練習がしたい」
「アンプを通す予定がない」
「とりあえずギターを触ってみたい」

程度の要求なら、ジャンクギターで満たせます。

そもそもジャンク品とは

ジャンクとは故障品の意、そのまま使うには困難であるガラクタを意味します。ハードオフの一角には、皆さんご存知ジャンクコーナーがありますね。

ジャンク=ガラクタですので、ガラクタなりの陳列・扱い・値段で売られています。保証などあるはずもなく、返品もできません。ジャンク品は楽器とすら扱われておらず、以前店員さんにアンプを通した試奏をお願いして断られたことがあります。ジャンクのセミアコギターを手にとってそのまま弾いていたのですが、店員さんに注意されかけました。

店員「試奏をご希望ですか?」

私「これジャンクなんですけど許可が必要でした?そもそもアンプでの試奏は断られたのですが」

店員「あ、多少ならば結構です」

といったやりとりがありました。試奏を希望すると断られ、鳴らしていると注意され、結局ジャンク品はどのように扱えば良いのか全く不明です。まあセミアコで音が大きく目立ったからというだけでしょう、普通に考えて軽く触ってみるくらい問題無いはずです。だってジャンクですし。

今回はそんなジャンク品の中からできるだけ良い品を選別しようという話なのですが、基本的な選考基準は通常の中古ギターの場合と変わりません。

  1. 「吊るされている」
  2. 「弦が6本張られている」
  3. 「ピックガードとフレットに傷がない」
  4. 「パッと見きれい」

さんざん前の記事で書きましたが、基本的には上記の4点です。しかしジャンク品がこの全てを満たすのはそこそこ困難です。

特にお店の陳列状況により、吊るされているジャンクはあまり見かけないかと思います。吊るされているのはそこそこに高級なギターだけである場合がほとんどです。初心者がジャンクギターの状態を見るのは中々に難しいので、吊るされていてかつ弦が全て張ってあれば、そこまでひどい状態ではないだろうという判断基準になります。

ついでにスマートフォンの無料チューナーアプリでも使って、チューニングしてみると良いですね。ペグの動きとか、チューニングが合うかを確認できます。

音出し確認

音が出ているか確認するには、この手のヘッドホンアンプを接続して確認するしかありません。しかし店員さんに何を言われるか分からないですし、そもそもジャンクギターを買うためにわざわざお金を出してヘッドホンアンプを買うのも何か変な気がします。ですので、ジャンクギターの音出し確認についてはほぼ諦めたほうが良いのかもしれません。

この手のプラグインチューナーを差し込めば最低限反応しているかどうかは確認できますね。反応しないとか、或いは常に反応しているという状態だと回路に何かしらの異常があります。

最重要項目プライスカード

最後にもう一つ確認すべき点があります。それは店員さんの書いたプライスカードです。そこにはその商品がジャンクである理由が記されていますのでよく読みましょうね。アンプを通す予定が無いのであれば全て無視して構いません。

  1. 「チェック時音出ました」
  2. 「全く音が出ません」
  3. 「ノイズがひどいです」
  4. 「ガリがひどいです」

私が見た中で代表的なのはこんな感じです。私だったら2か4のギターを買って修理するかもしれません。1のチェック時音が出たというのは、少なくとも音が出たという程度の認識です。買ってみる価値はあると思います。2の全く音が出ませんというのは、ジャックの消耗か回路の断線である場合がほとんどであるため、原因の究明と解決が容易です。自分で修理をすることを楽しみたいのであれば選択肢に入ります。
対して3のノイズがひどいというのは、原因が多すぎるのでよほどの知識がない限り修理が難しく、避けたほうが無難です。特にピックアップ不良であった場合、修理には手間とお金がかかります。金属部に触れてノイズが増えるようであれば単なるアース不良で、修理は簡単なのですが。4のガリがひどいというのは、ジャンクギターにおいては大した問題ではなく、ポットを交換すれば治ることが多いです。交換せずともポットの穴に556でも吹いてグリグリ回せば解決する場合もあります。そもそもポットを外す必要すらなく、ノブを外して表側から一瞬の噴射で直ってしまうことも。

もっとも、5-56よりもこういったコンタクトスプレーの方が効果が確実であるためジャンクギター修理には必携品です。これを噴射しただけでガリが直ったら儲けもの。
ジャンクギターの楽しみ方は千差万別、とりあえず分解していじり壊してしまうのも一興です。音が出なくてもOK、直ればラッキーといった程度の考えでとりあえず買ってしまうと楽しいですよ。私は一時期ジャンクギターを修理してリリースというのをしてました。利益はありませんが良い勉強になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました