スポンサーリンク

ドクターマーチンを丸洗いしてみる

最近マーチンを買ったばかりなのですが、すぐに二足目を入手しました。知り合いがサイズの合わないマーチンを持っているから、それをくれると。本当は「捨てるくらいならちょうだい!」とおねだりしたんですけどね。

私は普段UK7ですが、こちらはUK8でワンサイズでかい。

その知り合いには小さかったようで、中敷きがビリビリに剥がされています。勿体ない。通販で服を購入することが当たり前の世の中ですが、靴のサイズだけは店舗で試着しないと厳しいですよね。

私のサイズよりもワンサイズ大きいこちらのマーチンですが、履いてみたところ少しの調整でいけそうです。中敷きの修理もミスターミニットとかで2000円くらいでできるそう。

しかしこれ、なんかカビ臭え。典型的な放置していた革の臭いです。さすがにこのまま履くのは衛生的にどうかと思いましたので丸洗いしてみることにします。中古で貰ったマーチンなので躊躇なく実験できますね。

スポンサーリンク

水と石鹸で洗う

というわけで洗ってみます。使ったのはカネヨの洗濯石鹸です。ウタマロと迷ったのですが、蛍光増白剤が入っているためパス。専用のサドルソープがあればそちらを使いましょう。

ぬるま湯をぶっかけながら石鹸を塗りつけガシガシ洗います。中古の貰い物ですので気にせず実験できます。この時点で銀面には特に異常なし。

パッと見きれいだと思っていたのですが、靴紐からは黒い汁が。汚え。まあ露出した紐ですから汚れを吸収しやすいですよね。

靴用のブラシが手元に無かったので歯ブラシで代用。今度ダイソーで買ってきましょうかね。ダイソーのシューケア用品の充実っぷりは目をみはる物があり、革靴用の馬毛ブラシや豚毛ブラシからクリームやワックスまで揃います。専用品は高いので、ダイソーで試しに買ってみるのも良いかと思います。

マーチンはコバが深いのが見た目上の特徴ですが、ここに汚れが溜まりやすいのです。なるべくなら日々のお手入れで掃除しておくべきですね。コバが薄汚れてると靴全体がボロく見えます。日本のサラリーマンって靴が汚い人が多いですから気をつけたいポイントです。

干す

ベランダで2日ほど陰干しします。干す前にできるだけ水気を吸い取っておいたほうが良いですね。乾きにくくなると判断し、シューキーパーは入れずに風通しのいい場所に置いております。向きはどうあれ立てかけておいたほうがよく乾きます。

うまく乾かさないとまたカビが生えてしまいますから要注意です。室外機の側がよく乾くのでおすすめ。

干した後はこんな感じ。一時的に光沢を失っておりますが、銀面にヒビなどのダメージは見られません。

仕上げにクリームを塗る

こちらが磨いた後の完成品。かなりキレイになったと思うのですがどうでしょうか。靴クリームはコロンブスのナイトリキッドを使用。簡易靴磨き用品ですが、手軽でかなり強い光沢が出るため通常の靴磨きが面倒な時に使っております。

シューキーパーはダイソーのもので、バネ自体を屈曲させて使うタイプです。少しは高級革靴に見えますでしょうか。このタイプは安くて良いのですが、かかとの一点に負荷がかかるため靴に縦じわが入ることがあります。

装填したままの放置は避けて、高級革靴には使用しない方がが良さそうです。私も磨く時だけの使用に留めております。

結論・マーチンを水洗いしても大丈夫

結果として、マーチンを水洗いしても何の問題もありませんでした。もっと高級な靴なら気を使ったほうが良いとは思いますが、マーチン程度ならそこまで気にする必要は無いかと。中古で買ったマーチンが臭かったとか、靴箱に放置してカビさせてしまった時は試してみる価値があるかと思います。

革靴などにこだわり始めると、革に対して過保護になってしまう人が多いように思います。水濡れに過剰反応するとかね。そもそも濡れちゃいけない靴なんて存在しないと思うのですが。濡らしっぱなしにせずきちんと乾かせばそれで問題ないかと思います。高級品ならまだしも、これは2万円程度のマーチンですから。

私は手元にあったカネヨの洗濯用石鹸を使いましたが、本来は革専用であるサドルソープ等の使用が望ましいです。サドルソープ自体に保湿成分が含まれておりますので、革へのダメージを抑えることができます。

もっと拘るのであればクリームを擦り込んで油分を与えると良いですね。

モゥブレィの製品は入手性がよく、東急ハンズとかにたくさん置いてありますのですぐに見つかるかと思います。私もシューケア用品は殆どモゥブレィになってしまいました。

まあ靴磨きのプロからしたらもっと良いものがあるんでしょうが、モゥブレィは手頃な定番品として必要十分な性能です。特に不満を持ったことはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました