当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

ドクターマーチンの傷を消してみる

買ったばかりのマーチンに早くも傷をつけてしまいました。あまり気負わずに履いていたというのもあるのですが、バイクを運転したときに傷つけてしまったような気がします。キックスタート時に擦ったかな?

マーチンの傷に一喜一憂するのもバカバカしいですが、少々目立つ傷なので自分で直してみようと思います。前回の丸洗いにしろ、DIY精神でやっておりますので正しい手順がどうとかあまり気にしておりません。単なる趣味であり実験です。

とりあえず傷をサンドペーパーでならします。240番でやってみました。あまり力を入れずに紙の丸みを生かして削っていきます。削りすぎるとかえって目立つので注意。

磨いた後。傷のめくれを削り落としたので目立たなくなりました。面倒な人はこのままいつもの靴クリームで磨けば十分かと思います。せっかくなので私はもうひと手間かけてみようと思います。

使ったのはアドカラー。本来はアドベースと混ぜて傷を埋めたほうが良いのですが、そこまで深い傷ではないのでアドカラーのみでいきます。濃い目に溶いたアドカラーを爪楊枝で傷に塗り込んでいきます。

盛った後。ここから均していきます。240番から始めて仕上げに400番で磨きました。

傷を均すことと補色、傷が深く抉れているようならばアドベースによる埋めが必要です。これは靴補修の基本的な手順ですので、今回行った作業はそれから大きく外れるものではありません。

靴クリームで磨いた後。元通りとまではいきませんが、かなり目立たなくなってます。今後繰り返し磨いていくことでより綺麗になっていくと思いますので、しばらくこのままで行こうと思います。まあこんな傷誰も気が付かないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました