スポンサーリンク
ギター音楽

グレッチは弾きづらいのか

グレッチが弾きにくいのかどうか。グレッチに興味を持ち当ブログに来てくださる方が多くて嬉しい限りです。

ありがとうございます。弾きづらいです。

私のメインギターはジャズマスターでそちらも弾きづらいのですが・・・。

グレッチの弾きづらさはジャズマスターなんて比べ物になりません。

スポンサーリンク

大きさについて

でかいです。

私のG6120 Nashvilleはボディ幅16インチ、深さ2.75インチ、ミディアムスケール。それでもホワイトファルコンよりは小さいですから多少はマシかもしれません。ホワイトファルコンはボディ幅17インチでレギュラースケールですから。

ただ普通のアコギと近いサイズですので、普段からアコギを弾いている人には違和感が無いと思います。あくまでもソリッドギターと比べると大きいという話で、慣れとか考え方の問題です。

グレッチはアコギと似たようなサイズ。そう考えていただければイメージしやすいかと思います。

スポンサーリンク

ブリッジについて

グレッチのブリッジはアーチトップギターによくある木台とブリッジの組み合わせ。

この木台はボディに乗っかっているだけなので、弦を緩めるとフリーになります。

そこにダメ押しするかのようにバーブリッジを搭載。バーブリッジは一本の棒ですので、オクターブチューニングが絶対に合わない事は想像に難く無いと思います。

そしてこのバーブリッジ、前後にカタカタ動くのです。ビグスビーの動きに追従するためにそうなっているのですが、単にチューニングを狂わせるだけのポンコツです。ジャズマスターも全く同じ構造ですよね。

私は我慢できずにTOMブリッジに交換してしまいました。

2016年以降はほとんどのモデルがピンブリッジに切り替わっており、ズレる心配がありません。外したとしてもすぐ元の位置に戻せます。このメリットは大きいので、購入時はピンブリッジかどうかは絶対に確認しましょう。ちなみに2016年以前にもピンド仕様はあります。

ピンブリッジに否定的な人も居ますが、具体的な理由は不明です。多分保守的な人なのでしょう。不合理な仕様であっても無条件で受け入れてしまうというような、ギターの世界にはそういう人が多いのですよ。

単に伝統と合理性のどちらを追求するかという好みの問題なので、絶対的な正解はありません。

そもそもグレッチ自身がピンブリッジを推し進めており、プレイアビリティを上げて裾野を広げようとしていると見られるため、私はその判断は間違っていないと思います。

スポンサーリンク

ビグスビーについて

ビグスビーは楽しいですよ。まず見た目が格好いいですし、他には無い独特のフィーリングがあります。見た目ほど音程が変化しないのは笑いどころですが。

ビブラートユニットの宿命として、チューニングは狂いやすいです。まあ何度か使ってチューニングを繰り返していると、次第に安定してきます。

問題なのは弦交換。ビグスビーの弦交換はピンにボールエンドを挿して巻き付ける形ですが、弦は真っ直ぐに戻ろうとするので巻いている側から外れていくんですよね。これはめちゃくちゃストレス溜まりますよ。

私はボールエンドを90度折り曲げてから巻いていますが、それでもポロッと外れる事があります。

ジャズマスターの弦交換は10分で出来ますが、ビグスビーは30分かかります。どのくらいの難易度か想像できますでしょうか。

ハウリングについて

大きなフルアコースティック構造なので、ハウリングが起きやすいのは間違いないです。ただし私は激しく歪ませて大音量で弾く機会は少ないのでそこまで気にした事はないのですが。

有効なハウリング対策はあまり無いです。歪ませ過ぎないことやアンプから遠ざかることなど、基本的な対策を打つしか無いでしょうね。海外製品にfホールを塞ぐプラグがありますが・・・。ウレタンフォームを入れたり、テープで穴を塞ぐ人も居ますね。

ハウリングを嫌うのであれば穴のないテネシーローズ、センターブロック仕様のホワイトファルコン・ナッシュビル・ブロードキャスター等を使いましょう。

弾きにくい3要素

つまりグレッチの弾きづらさは、ボディサイズ・ブリッジ・ビグスビーの3要素で構成されていますが、ボディサイズは単に慣れ。ビグスビーの扱いも慣れ。

しかし個人的にブリッジは慣れで済みません。

弦を緩める度に位置合わせをするのはそこそこ負担が大きいため、最初からピンブリッジのものを買った方が良いです。それか位置決めをして両面テープで貼り付けましょう。両面テープが挟まっている程度ではサウンドに影響しません。

音の特徴

初期のグレッチはディ・アルモンド社のダイナソニックを搭載していましたが、1957年以降は自社で開発したフィルタートロンが採用されています。そこから派生してハイロートロンなどのバリエーションが生まれました。

フィルタートロンはハムの割にパワーは控えめで、澄んだ高音域が特徴です。太い中低域を特徴としていたギブソンとは全く異なる味付けです。

ブライアンセッツァー曰く、フェンダーとギブソンの中間のような音がするんだそうな。

良く言えば良いとこ取り、悪く言えばどっちつかずといった所でしょう。

私見ですがフィルタートロンは変な音です。グレッチからするとフィルタートロンはダイナソニックの欠点を解消した理想的な自社製品ではありますが、ノイズ耐性と引き換えに犠牲になった要素も多いんじゃないでしょうか。「音が悪い」とも「独特の音」とも取れます。

私の個体は歪み系エフェクターと相性が良いため、TS系と組み合わせて使っています。というか最近のグレッチユーザーは歪ませる人が多いですね。

フィルタートロンの面白さは弾いてみないと分かりません。

まとめ

こんな感じで、お世辞にも弾きやすいとは言えないギターです。

誰が高いお金を払って扱いづらいクソギターを買うんだという話ですが、愛好家が多いのも事実。

一旦グレッチを買うとグレッチばっかり欲しくなってしまう、そんな不思議な魅力を秘めたギターです。

というかギターを買う時に弾きやすさなんて考慮する必要はありません。

ギターは見た目が一番、他は全部後付けに過ぎないのです。

見た目全振りのグレッチ。後先考えずに買ってしまえば幸せになれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nanodesuをフォローする
スポンサーリンク
がんばれジャズマスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました