スポンサーリンク

初心者用ギターはダメなのか?

ハードオフにて。

結論から言いまして、安ギターがダメだとは全く思いません。

安ギターの話をしていると、「安ギターなんてダメ、最低でも~~万円から」だなんて事を言う人が未だに居るんですよね。SNSとかYahoo!知恵袋に。

そりゃ高級なギターは高いだけあって良いんですけど、だからといって安ギターがダメという理由にはなりませんからね。

そもそも安ギターに否定的な人というのは考えが凝り固まったおじさんで、自分で安ギターを買って試したわけでもないのに頭ごなしで否定するものです。

そもそもいくらからがまともなギターなのか?というのは人によってバラバラです。

私はギターいじりが好きなのでよく安ギターを買って試すんですけど、楽器として使えないようなレベルのものは存在しませんでした。

勿論パーツが安物だとか大した音が出ないというのはあるんですけど、定価が安いので当然です。寧ろ低価格という制約の中でよく頑張っていると思います。

私の見解では、安ギターは「ギターを始めるきっかけとしては十分」なものであり、ギターを始めたいけど迷っているような人はさっさと安ギターを買うべきです。

もちろん長い目で見れば良いギターを買うべきなのは当然ですが、私の周りでも最初は安ギターだったという人は多く、安ギターは初心者向けの入門用としての役割を十分に果たしています。

スポンサーリンク

立派な入門用ギター

ギターを始めたくても市場に20万円のギターしか売っていなかったら、誰もギターなんて始められません。選択の幅を広げるという意味では、安ギターはたいへん意義のある存在です。

そして高級ギターとの差は、安ギターを触ったことのある人間にしか分かりません。 安ギターから良いギターにレベルアップしたときに、ギターの良し悪しが分かると思います。それって案外貴重な経験なんですよね。

高級ギターしか触ったことがないのであれば、モノの良し悪しも分かりません。お金はないけどギターを始めたい。その需要を満たすだけで価値がある、それが安ギターだと思います。

ただし、いわゆる「初心者セット」はあまりオススメしません。ギターやアンプやシールド、あれこれついて3万円みたいなものを見たことがあると思いますが、結局は安物の抱き合わせ販売です。ショップがお得感を出すためにまとめ売りしているだけなのであえて選ぶ理由はありません。

全てを安物で固めてしまうと後悔が大きく、特に初心者セットのアンプやシールドやチューナーは最低限の性能です。そのあたりの機材はギター本体を買ったあとに買い足していくべきで、ギターと同時に買うのはチューナーぐらいで良いかと思います。KORGあたりが無難です。

アンプも自宅練習用であれば1Wくらいの電池駆動アンプで十分です。

初心者セットを避けるとは言ってもチューナーは必須、これが無いと何にもできません。クリップチューナーはシールド不要で感度が良いためちょい弾きに便利です。私も普段使いはクリップチューナー。

こういったマイクロアンプは持っていると便利で、場所を取りませんし飽きてしまっても売却が容易です。こちらのMS-2は電池駆動のマイクロアンプで、サイズに似合わず大きい音が出せます。オーバードライブ機能も案外良く歪む。お部屋のインテリアとしても良し。別売りですがACアダプタ駆動もできます。

気をつけるのは初心者セットは避けるということだけで、何でも良いからとりあえず買ってみることをおすすめします。安ギターを買って後悔することはあんまりないでしょう。

モチベーションキープは高級ギターの圧勝

ただひとつだけ、安ギターが高級ギターに敵わない点があります。それは「練習のモチベーション」です。高級ギターを買うとそれだけ気負いがありますし、弾かないと損という気持ちが働きます。その一点だけは高級ギターの圧勝です。私も高いギターを買ったらしばらくは頑張りますしね・・・。

無論安ギターでもモチベーションを保つことはできますが、程度が違うんですね。高級ギターを買うことによって上手くなるというのはあると思います。

色々と偉そうに語りましたが、安ギターを腐して持論を展開し、勝手に最低限のギターを定義するおじさんが我慢ならなかったので。

現実にそのような事を言うおじさんが居たら距離を置いてください。確実に面倒くさい人です。その人は自分で安ギターを買って試すということもせず、楽器の金額に価値を感じているだけです。他の世界にも言えることですが・・・。

スクワイアはそこそこ安定した品質で、特にAffinityは良いです。激安とまでは言えないですが2万円台なら間違いなくお買い得です。 その分中古価格も安ギターとしては高めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました