スポンサーリンク
ギター安ギター音楽

スクワイヤーの本当の評価

スクワイヤー/スクワイアはフェンダー直系のブランド。そのためフェンダーロゴが入っていますし、ストラトキャスターやテレキャスター等の名前をそのまま名乗る事が可能です。規格は違いますがボディシェイプも本家とほぼ同じですので、安いけど本物という満足感は得られます。

スポンサーリンク

スクワイヤーの正直な評価

で、やはり買う前は評判が気になりますよね。

正直言って微妙です。

「フェンダージャパンよりも良い」というような事を言う人が居ますが、それだけは絶対に無いと断言します。

そう考える理由は、作りの甘さとパーツ品質の低さ。パッと見は良いですよ。音も悪くないです。

しかし全てがその値段なりであり、それ以上の価値は無いというのが私の評価です。安ギターにそんな事言っても仕方がないんですけどね。

スポンサーリンク

加工精度が低い

しかし精度はイマイチです。特に気になったのはナットの加工とネックのセンター。弦とポールピースのズレが大きく、出力が落ちているのでは?と思いました。ネックポケットの加工精度が低い事と、組み付け時にセンターの修正をしていないためだと思われます。まあ高いギターでも弦とポールピースはずれていますが、私のスクワイヤーはずれが大きかったです。

ちなみにネックのセンターずれは、ボディを持ってネックをグイッと動かせば多少は修正できます。中古のスクワイヤー程度でしたら試してみても良いかもしれません。

ボディのザグリが雑なのは言うまでもないですが、まあ見えないところなので目をつむります。

スポンサーリンク

電装がショボい

配線とはんだ付けは雑。配線材は細く、ポットはかなり小さいです。ジャックも最低限の安物。実のところ音への影響は大きく無いのですが、長期的な信頼性が低いのは間違いありません。はんだが取れたり、ショートしたりで正常に音が出なくなることは想像に難くありません。実際に私の持っていた個体は、5wayスイッチが接触不良を起こして音が出なくなりました。

ハードウェア、特にペグが安っぽい

次にパーツ。一番わかりやすいのはペグの動きです。安物のペグは動きが悪く、所謂カックンペグです。中古を買う時はペグを回してみてください。滑らかに回れば当たりです。

フレットは磨かれておらず手触りは悪い。

ブリッジとかトレモロユニットも当然のように安っぽいのですが、ペグはチューニングの安定性に直結しますので一番気になる所です。

安っぽさが目立つが音は悪くない

総じてパーツが安っぽく加工精度が低いですが、音は悪く無いというのがスクワイヤー。ギターって不思議ですね。

最近はスクワイヤーも値段の高いシリーズが出てきて、6万円のものがあって驚きました。何年か前のフェンダージャパンくらいの値段になっています。そこまで出すのならば中古のフェンダージャパンを買った方が満足度が高いと思いますが・・・。

ただ近年のスクワイヤーは値段の割に評価が高いので、入門用やサブ機には最適だと思います。

あくまでも、値段なりの価値であるという事を納得の上で購入しましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nanodesuをフォローする
スポンサーリンク
がんばれジャズマスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました