当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

ブライアンメイの使用ギター、その名はレッドスペシャル

そろそろ皆さんもボヘミアン・ラプソディを観終わりましたでしょうか。リピーターも多いようですね。 ところで、ブライアンメイの使用ギターが気になりませんでしたか?おそらく彼以外が持っているのを見たことはないはずです。

結論から言って彼の使用ギターは「レッドスペシャル」、非売品です。どういうことかと言いますと、レッドスペシャルはブライアンメイが自分自身で作ったハンドメイドギターなのです。

ブライアンメイが16歳だった1963年頃、安価で良質なギターというものが存在しなかったそうです。そこで彼は父親と共に最強のギターを目指してレッド・スペシャルを作り始めました。

素材は暖炉の木、トレモロユニットのスプリングはバイクのスタンドから拝借。アームバーに至ってはお母さんの編み棒。2年かけて完成したそうです。彼のお父さんは加工知識と技術があったとはいえ、素人の親子がギターを作ってしまうという気概がすごい。

ピックアップは既成品でバーンズのトライソニックだそうですが改造済み。音のイメージに反してシングルコイルです。

非売品とは言いましたが、現状では「ブライアンメイギターズ」というブランドからオフィシャルで出ております。韓国製で10万円程度と、元がハンドメイドギターである割に安価です。

かつてはコピーモデルもあり、こちらは神田商会のGrecoのもの。福岡のイシバシ楽器で発見しました。よく見ると細部が異なりますがよく再現されています。価格は79800円とそれなりのお値段です。珍しい形状や多量のコントロールはビザールギターっぽいですね。

正直音については聞いたことがないので分かりません。ただ、これを買ったからといってあの音が出せるわけではないでしょうね。彼のセッティングはVOXのAC30を複数使用した複雑なもので、更にピック代わりにコインを使用するという特異なギタープレイです。再現するのは難しいでしょう。

同じような音を簡単に再現できるエフェクターもあります。それがCATALINBREADの「ガリレオ」というエフェクター、そのまんまです。youtubeで聞く限りは非常に高い再現度のよう。価格も二万円を切る程度なので、レッドスペシャルを買うよりは安価でお手軽だと思います。あの音が欲しい人は試す価値があるでしょう。
映画自体は従来のクイーンファンからすると物足りないとの声もありますが、エンタメとして非常に良く出来た映画でした。クイーンを知らない人でも没入できる作りだと思います。ライブエイドは震えましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました