スポンサーリンク
音楽評

ROSSOのシャロンは凄かった。

というよりBIRDが凄かった。

私がROSSOと出会ったのは中学2年の頃、学校をサボってスペースシャワーTVばかり見ていた時の事だ。

その頃の実家はケーブルテレビを契約していたので、テレビの死地である大分でも文化的な生活が送れていたのである。

イントロリフから引き込まれ、チバユウスケの声にノックアウトされた。照井利幸の刺青にビビった。MASATOのドラムのあまりの速さに面食らった。

シャロンはラジオ局のリクエストで人気だったらしい。スペシャでも何回か流れて、その度に釘付けになっていた。2002年の当時は動画サイトなんて存在しないので、スペシャに映ったものを目に焼き付ける必要があったのである。

私は画面の隅っこに表示された「ROSSO」の文字をメモってレンタル屋に行った。当時自分のお金でCDを買うという発想は無かったのだ。何故かラ行に無かったが、店員に聞くとどこからか持ってきてくれた。多分Rの行にあったのだろう。

当時の再生メディアとして一般的だったのはMDで、DAPが鎬を削りあってiPod miniが大流行するのはもう少し後の話。自宅にあったのはAIWAのMDコンポだった。私が持っている再生機もソニーのピンク色のMDプレーヤーだけだった。

自宅でMDに取り込んでいる最中に聴くのがレンタル後のルーティーンだ。うちのMDコンポは古く等倍でしかダビングできなかったのである。

AIWAのコンポで聴くROSSOのサウンドは異様にヘヴィで、惑星にエスカレーターが心地よかった。

MDにダビングしてからと言うものの、私は毎晩聴きながら寝ていた。もちろん惑星にエスカレーターからだ。もっとも、私は寝つきが良かったのでモンキー・ラブ・シックに到達するまでには眠っていたのだけれど。

当時私は音楽なんてまともに聴かない人間で、ロックなんてもっての外だった。ROSSOを聴くまでTMGEもブランキーもほとんど知らなかったし。

結局、私が音楽にのめり込むようになるまでにはもう少し時間を要した。ロックなんて聴かないのに、ROSSOのBIRDだけを死ぬほど聴くというアンバランスな状態での飛行が続いた。

そう考えると、私にとってロックの初期衝動は間違いなくROSSOだ。

あの時スペシャでシャロンと出会っていなかったら、今頃どうなっていただろうか。

毎晩ROSSOを聴きながら眠るロックが好きではない少年は今、ちょっとロックを聴く大人になった。

BIRD
日本コロムビア
¥2,500(2022/04/03 02:59時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました