ナンバーガール音楽評

ナンバーガールの良さが分からないという人へ

スポンサーリンク

私はナンバーガールについて調べ物をしていた。その時あるサジェストワードが目についた。

「ナンバーガール 良さがわからない」というものだ。私には一体どういうことなのか理解できなかった。「良さがわからない」ということに疑問を抱いたのではなく、わざわざ「良さがわからない」というワードで検索する事がどうにも不可解だったのだ。

他人と同じ感想を抱けなかった事に悩む必要は全く無い。「皆が良いと言っている」みたいなのは単なる呪いであり、その価値観に迎合するのは単なる思考停止である。人と違う感想を抱いた、多いに結構じゃないか。まあそれを言い訳に、自分の解せない良さから逃げ出すのは良くないが。

理解する必要があるのか

良さが分からないのであればそれで終了して構わないと思う。ナンバーガールの良さが分からなかったところで何の問題も無いし、そもそもオルタナティヴロックなんて万人受けするような音楽ではない。

ナンバーガールはやや古いバンドだ。現代的な価値観に迎合するバンドではない。歌詞は意味不明、というか歌詞を聞き取ることすら困難なのだから。

ビートルズやピストルズ、オアシスの良さが分からない人だって居るだろう。

おそらくこういったワードで検索する人は「良さを分からないといけない」といった義務感に駆られているのではないだろうか。だから聞いた上で判断し、理解できなかった疑念を拭うためそのようなワードで検索したと思われる。また同じような思考の仲間を探そうとしたとも考えられる。

しかし聴きもせずに批判する人が多いなか、自分で聴いて判断したというだけで十分だと私は思う。

好きになりたいなら

一聴して良いと思わなかったけれど、それでもまだ愛したいという気持ちがあるのであれば「とにかく聴きまくる」事はおすすめだ。

音楽とは不思議なもので、「聴いているうちに好きになってしまう」のである。もちろん、その曲を聴くと不快感を覚えるレベルなら話は別だが。

これは単純接触効果と呼ばれる心理現象だ。要するに身近なものには愛着が湧いてしまうというもの。それは人、音楽、モノ、色んなことに対して起こりうる。

恋愛についても例外ではない。例えば同じクラス、同じ部活、同じ職場等。頻繁に顔を合わせているうちに恋に落ちてしまうというのは、誰しも経験したことがあるのではないだろうか。好きな女性が居るのであれば頻繁に会うと良いし、逆に他の男と何度も会わせてはいけない。

この方法は荒療治的でもある。私もよく経験している事だが、ダサい曲をギャグで弾いていると好きになってしまって悔しいのだ。

単純接触効果は音楽の布教活動にも有効だ。仲間を増やしたい時、さり気なく聴かせてしまうのだ。部屋でかけたり、車の中でかけたり、時には口ずさんでみたり。そうすると相手の方から「これ何の曲?」と興味を持ってくる。

私も昔、神聖かまってちゃんの「ロックンロールは鳴り止まないっ」を繰り返し聴いていたら、いつの間にか周りも皆口ずさんでいる事があった。本当に鳴り止まなくなってしまったのである。

つまりこういう事

ナンバーガールに限らず、良さが分からない音楽は別にそのままにしておいて構わない。学校の勉強じゃあるまいし、苦手を克服しなければいけないという事は無い。一回聴いてみただけで十分だし、万人受けする音楽では無いのだからその反応は正しい。

しかし理解したいという気持ちが僅かでもあるのなら、聴きまくってみるのはおすすめだ。特に国や世代を超えた音楽にはパワーがあり、好きになる余地は多分にあるのだから。

一度聴いてみて好きになれなくても、噛み締めてみるとまた別の良さが見えてくるかもしれない。

これは蛇足だから書くかどうか迷ったが、敢えて書こうと思う。私のナンバーガールおすすめアルバムは、シブヤ ROCKTRANSFORMED状態だ。特に好きなのはIggy Pop Fan Clubと、狂って候。狂って候の2:48あたりから始まる田渕ひさ子のギターは、マジで泣ける。本当は私は人に音楽をすすめたりするのは嫌いだけれど、わざわざこの記事を読んでくれた方々に、少しでもナンバーガールの熱量が伝われば良いと思う。

シブヤ ROCKTRANSFORMED状態
ユニバーサル ミュージック (e)
¥2,163(2024/06/23 08:30時点)

コメント

  1. N.G.S より:

    数ヶ月前にぼざろ経由でナンバガを知りました。自分が勝手にそう思ってるだけなんで違うかもしんないんですけど鉄風はだいぶ一般受けしやすい部類だと思います。あと、ラストライブのOMOIDE IN MY HEADは初見の人に絶対聴いてほしいですね。上手いこと表現できませんがエモ過ぎます。というかラストライブはジャケット含めてヤバいです、全部。初めにYouTubeで透明少女のMVを見たときはボーカルの音小さいし何言ってるか分からんしで全然好きになれなかったのにもう今はイントロ流れた瞬間即ブチ上がっちまいます。これが単純接触効果によるものなのかはもう分かりませんがとにかくナンバーガールを知って、好きになって良かった。

  2. おじさん より:

    大学時代に周辺でめっちゃ流行っていてジミヘンとベルベットとニールヤングが好きだった私は「軽薄な音楽がぁ!」と思っていましたがある日誘われていった心斎橋のライブハウスで生のナンバガをみて帰り道で誘ってくれた友達に「めちゃくちゃかっこよかったですすみませんでした」と謝ったのは良い思い出です
    生のライブがすごいよねナンバガ。

タイトルとURLをコピーしました