スポンサーリンク

マスタリーブリッジ M1とM2の違い

M2にはミリとインチの足が両方付属する。M2は底面に円形の溝があるため判別は容易。

M1にはインチサイズの足が付属、M2にはインチサイズとミリサイズの足が両方付属しています。以上です。

つまりM2を買ってしまえばUSAとJAPANの両方に対応できるわけで、悩んだときはM2を買っておけば間違いないです。

逆にUSAしか持っていなくて今後も他の購入予定がなければM1で問題はありません。

曲者なのはフェンダーメキシコと韓国製のスクワイヤで、アンカー(シンブル)の径が異なるためそちらの交換も必要になる場合が多いです。

私のMIJジャズマスターはマスタリーブリッジに交換してから好調そのもので、弦落ちは一度もなく。そして全く別物の倍音成分豊かな音に。サスティンもすごい伸びます。

良くも悪くも元のジャズマスターからかけ離れた音ですので好みは分かれると思います。私はとても気に入ってまして、多分外すことは無いでしょう。

チューニングのたびにサスティンの伸びに驚いております。

弱点と言えばオクターブチューニングが若干ファジーになること。各サドルの中央部である2弦と5弦だけは完璧に合わせるのが難しいのです。それにしても大外れにはなりませんので、そんなに気にしていませんが・・・。

メリットの方が大きいと判断します。

あともう一つ弱点がありました、それは高いこと。まあフリマアプリなんかでは2万円くらいで売ってますけどね。

私のジャズマスターの購入価格は61,000円、マスタリーブリッジの購入価格が20,000円以上ですから本体価格の三分の一くらいになってしまいます。長く使うギターであればそのくらいの投資は惜しまないですけどね。

ジャズマスターのサドル沼に嵌ってしまった人にお勧めしたい逸品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました