スポンサーリンク
ギタージャンクギター安ギター

maisonレスポールの評価

ジャンクで入手したmaisonのレスポール。修理も終わって普通に弾けるようにはなったので、真面目にレビューしてみようと思います。

スポンサーリンク

ナットとペグ

私が一番気になったのはナットの仕上げの悪さ。

どういうわけか4弦の滑りがめちゃくちゃ悪く、半周ごとにピキピキ鳴るような有様でまともにチューニングできませんでした。

またペグの動きも悪く、遊びがめちゃくちゃ大きいカックンペグです。下手すれば弦の張力に負けて回りそうなほどグラグラ。ナットとペグがこんな有様ではチューニングをキープできません。

個人的にはナットとペグがワーストなので真っ先に紹介しました。普通に弾くのに支障を来します。

スポンサーリンク

ボディ

トップとバック、共にアルダーっぽいです。安ギターにマホガニーが使われる事は絶対にありませんが、低級なバスウッドじゃないだけ良いですね。

トップのチェリーサンバーストはアッサリしていて少々安っぽいですが、このアングルから見たらそんなに悪く無いです。まあ見れる方かと思います。

バックの木目はツギハギだらけのクソですが、シースルー塗装は案外美しいと思います。買うときはバックの木目を厳選してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

ネック

ネック材はコストの安いスカーフジョイント。別にそれ自体に抵抗はありません。木材を節約するのは良い事です。強度については1ピースネックと大差なく、どこから折れるかの差でしかありません。

ネックのシースルー塗装も相変わらず綺麗。

指板は普通ですね。そんなに悪く無いローズウッドです。フレット端はきちんと処理されていて引っかかりはありません。

トラスロッドの効きは死ぬほど悪く、締めてもほとんど動きません。

ネックジョイントはきちんとセットネックになっています。ここの仕込みは綺麗ですね。

個人的にはボルトオンのレスポールタイプが好きではありません。

キャビティ

これはピックアップセレクターのバックプレートを外した所。落とし込みの位置が死ぬほどズレています。あとはビスが打てなくて諦めた形跡がありますね。これはちょっと酷いですよ。正直呆れました。どこの素人が加工したらこんな事になるんでしょうか。

電装

ポットは極小、配線は細い上にごちゃごちゃ。実のところサウンドへの影響はそうでもないのですが、まず間違いなく良い音は出ないであろう事を予感させます。こんな小さなポットは初めて見ました。こんなサイズのものが流通していることが不思議。

音の評価

安ギターの音が気になる人は多いと思います。気持ちはわかりますが、音を気にするのであれば最初から安ギターに手を出すべきではありません。

安ギターの音が良い事は絶対に無いからです。

しかし全く使えないという程でもなく、割と普通のハムの音ですね。ちょっとペラペラしていますが、極端に酷い音ということはありません。音作りで追い込めば多少はマシになります。所詮エレキギターなので、元音よりもアンプの影響の方が大きいのです。

まとめ

チューニングは最悪。ロッドは効かない。加工はクソ。音はそこそこ。木と塗装はまあまあ綺麗。といった評価です。

これをギター初心者が新品で買ったらガッカリすると思います。必要最低限、ギターの形をしたオモチャです。まあ音が出るだけマシかもしれませんが、定価で買うようなものではないですね。私の買った個体は大外れ、良い勉強になりました。

塗装と木目はまあまあ綺麗なので、インテリアには良いかもしれません。

この記事を見てmaisonを買おうと思う方は少ないと思いますが、ご参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました