スポンサーリンク
DIYエフェクターギター

BOSSのエフェクターのゴムを交換しよう

BOSSコンの弱点といえば、これ。

電池蓋のゴムが劣化してちぎれてしまうこと。中古で買うと高確率でちぎれてます。

あればまだマシなほうで、失くなっていることもしばしば。汎用のゴムブッシングで代用したこともありますが、やはりフィッティングはあまり良くありません。無くても使えますが、やはり金属同士の接触は避けたいところです。

幸いにもBOSS純正のゴムブッシングが安価で入手できますので、さっさと交換してしまいましょう。

難しいことは何もなく、引っ張って外すだけ。取り付け方も押し込むだけです。工具不要、30秒もあれば終わる作業です。一つ皆様に覚えていただきたいのは、こういった部品の名前は「ブッシング」であるということ。径が異なる部品を支えたり、絶縁することがその役割です。ペグ穴にもブッシングが付いていますよね。日本語ではブッシュとも呼びます。

このSD-1はそれほど古い製品ではないんですけどね。まあ純正のブッシングが10個入りで売られているわけですから、ちぎれる前に手持ちのBOSSコン全てを交換してしまうのも良いでしょう。

欲を言うなら、ノブも別売りして欲しいところです。古い製品の色付きノブってレアなんですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました