当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

ギターはゆうパック、ベースは飛脚ラージサイズで発送できる

メルカリとかヤフオクでギターを売買する際に、まず間違いなく発送方法が問題になります。ギターは大きく重く繊細ですから。

メルカリボックスとかの回答って殆どが憶測で、実体験に基づいていません。想像であれこれ語っても答えなど絶対出ませんので、私が実際にした経験と結論を先に書きます。

ギターはゆうパック、ベースは飛脚ラージサイズで送れます。

ギターはゆうパックの上限である170サイズにギリギリ収まり、ベースは絶対に170を超えるというのが根拠です。そしてどちらも、ダンボールに入っていれば集荷してくれます。ちなみに私は両方で実際に発送したことがあります。それもごく最近の話ですので間違いありません。

ソフトケースをプチプチで包んだ程度では集荷を断られる可能性が高く、またハードケース単体だとハードケース自体を梱包資材を見なすためケースに傷がついてしまいます。何れにせよダンボールに入れたほうが無難です。

ちなみに佐川の人から言質を取ったのですが、佐川に預けた荷物は基本的にベルトコンベアや自動仕分け機で効率的に仕分けられます。文字通り機械的にガタゴトと仕分けられることが想像に難くないので、佐川を使う場合はより厳重に梱包すべきです。

前述の通りゆうパックであればサイズは170が上限で、普通のギターであればまず収まります。

島村楽器のギター専用ダンボールは切り込みを入れることでギターとベース両方のサイズに対応できます。

ギター用に切り込みを入れると高さ110cm x 幅45cm x 奥行き15.5cmという寸法です。合計すると170.5で僅かに上回るのですが、サイズ調整時に少し深く切れ込みを入れたら通過できます。

最初にヘッドから着手。ここに荷重をかけたくないのです。
丸めた新聞紙で底を作ります。

梱包についてはまずヘッドを保護した上でソフトケースに入れ、それをダンボールに入れて隙間を埋めていく形になります。箱の中でギターが宙に浮いているイメージで梱包しましょう。

最優先はもちろんヘッドで、その次がボディエンドです。ダメージが集中しやすい箇所ですから、できるだけ分厚くしておきたいです。

プチプチを使用するのが望ましいですが、隙間を全て埋めるとなると結構な量が必要になります。新聞紙は安いですし、大量に使えばかなりの強度を確保できます。

フリマアプリをよく使う方であれば、プチプチを1ロールくらい持っていても損はありません。余裕で使い切れます。

とにかく中で動かないことを意識。

他のものに置き換えると分かりやすいのですが、例えばグラスを一つだけダンボールに入れるとしたらどうでしょうか。

グラス単体を厳重に覆っても、グラスとダンボールの間に空間があるとあまり意味がないことが想像できるかと思います。

箱の中で動いてしまっては、落下したのと変わらない衝撃を受けてしまいますから。

私はほとんど全ての隙間を新聞紙で埋めました。所詮新聞紙、ケチらず大量に使います。完成したものを揺すってみてゴトゴトと動かないようであれば大丈夫でしょう。

佐川の保険には入っておきましょうね。100円の保険料で10万円の保険金額です。元々の責任限度額は30万円ですが、それ以下の荷物の場合でも入っておいたほうが安心です。

入っておけば佐川急便に過失がない場合でも保険を受けられます。何せ中身は大切なギターですから、用心しすぎという事はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました