スポンサーリンク
ギターハードオフ

ギタースタンドは、ハードオフで買え!

私のようにギターを大量に所持するタイプにとって、ギタースタンドは悩みの種です。まあ数の足りないこと。良いギターにはハーキュレスを使っていますが、全部が全部ハーキュレスというわけにはいきません。何せ高いですから。横置きのギタースタンドは結構邪魔だし、ストッパーも付いてないし・・・。

となると、誰しも一度は手にしたことのある以下のようなタイプを使うことになるわけです。

このタイプのギタースタンドは本当に何処でも売っていますが、今回ハードオフで新品購入したこれは何と880円(税込)!これは安い!楽器店のレジ横でもよく見かけるタイプですが、1,500円くらいはするかと思います。

とは言ってもこれ、ハードオフのオリジナル商品というわけではありません。キョーリツコーポレーションのGS-01Bという製品です。私の周りではたまたま、これが最安値で売られているのがハードオフだったというわけ。近所のハードオフでは、ギターコーナーの横に積まれていました。パッケージは取っ手になっており開け口がジッパーになっているので開封も容易。安物の割によく考えられています。

ちなみにハードオフはオリジナル商品を順次リリースしており、今の所ギターケース、ギターストラップ、ピックが存在します。格好良いかはさておき、面白いのは間違いないです。

ジャズマスターを座らせてみました。底部は回転するので、ジャズマスターにもそれなりにフィットします。ジャズマスターやジャズベースのボディシェイプは底部が斜めになっていますので、スタンドとの相性が悪い事がままあるのです。また値段の割にパイプは太く、しっかりした作りです。

ネック部にはよくあるゴムストッパーが。このタイプ全般に言える事ですが、地震にはとても弱いです。ただギターが乗っかっているだけですから、簡単に前方に倒れてしまう事は想像に難くないと思います。毎回ゴムストッパーを留めているのならまだしも、そんな使い方をしている人は居ないでしょう。あとこれ、ちぎれやすいですし失くしやすいんですよね。その場合はヘアゴムで代用すると良いでしょう。実際に使うかは疑問ですが。

何度も言いますが耐震性はとても低いので、高級機材を立てておくには不向きです。そういった用途に対してはハーキュレス一択です。実際地震に見舞われて倒れた様子や、各スタンドの耐震性についてはは別記事でレポートしておりますのでそちらを参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました