スポンサーリンク

HD598の交換用ケーブルとイヤーパッドについて

ゼンハイザーのHD598と言えば、開放型ヘッドホンの定番でした。

HD598の発売日は2010年10月30日で、後継品のHD599の発売日は2016年11月10日。

6年もの間存在していたわけで、ヘッドホンとしてはかなりの長命です。

2万円ちょっとの開放型、バランスの良い音質、そして何より「プリン」と呼ばれる可愛い見た目。後継品のHD599がありますが、私はHD598のデザインの方が好みです。

有線ヘッドホンといえば断線が宿命です。そこで買い替えたり修理したりすると思うのですが、HD598はケーブル着脱式。断線したら純然ケーブルを買えば済む話でした。

しかしそれは過去の話でして、生産終了と共にケーブルやその他交換部品の供給が悪くなってしまいました。現役だった頃はヨドバシとかで買えたんですけどね。これではケーブル着脱式のメリットがありません。10年は使えると見込んでいましたが、保守部品が先に無くなってしまったのでした。

私も割と最近断線してしまったのですよね。何回かチェアのキャスターに巻き込んでいましたので、そのダメージが蓄積していたのでしょう。

いつの間にやらイヤーパッドの端っこが千切れて、中のスポンジが露出している状態です。

交換パーツを探していたのですが、純正品はもう手に入らないんですよね。そこでAmazon見ていると、アフターマーケット品がそこそこあるじゃないですか。

というわけで注文してみました。

ケーブルは純正品と遜色なし。金メッキされていますし、ちゃんと奥まで差し込んでから捻ってロックすることが可能。音質についても特に違いはないように思います。

イヤーパッドも全然問題無さそう。純正よりも少しガサガサした感触に感じますが、まあ使っているうちに慣れるとは思います。

イヤーパッドはこんな感じに引っ張ればパキッと外れます。いちおうピック型のこじ開けツールが付属してしましたが、使うまでもありませんでした。というかどうせ捨ててしまうものなので、そんなに神経質になる必要はありません。

ツメを少しずつ外しながら一周すればパカッと外れます。内側に少々汚れが溜まっていたので拭き上げました。

装着後。取り付けは取り外しよりも簡単で、位置合わせをして上からグッと押さえつけていくとやはりパキパキと音を立ててハマります。元がヘタっていたのか、少々厚みが増していますね。

ケーブルとイヤーパッドが新品になりリフレッシュされました。実はこの記事を公開した時点で何ヶ月か使っているのですが、特に問題は起きていません。

当分は使えそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました