スポンサーリンク

Pretty Greenのサイズ感について

日本サイズUKサイズUKサイズ(数字)
SXXS1
MXS2
LS3
XLM4

サイズ換算表を作ってみました。UKのXSが日本のMサイズ相当ですが、PGの服は細身ですのでSとMの中間ぐらいの感覚です。

参考までに私はユニクロは常にSサイズですが、PGでは殆どXS(サイズ2)でした。一部タイトなトップスとかはS(サイズ3)にしてましたね。

上記のロングTシャツの場合だとサイズ2の肩幅が40cmです。ユニクロUTのMサイズの肩幅は44cm、Sサイズでも42.5cmですから、Pretty GreenのMサイズはユニクロのSよりも小さいということになります。

初期はそうでもなかったのですが後期は段々と細くなっていった印象です。

XXSサイズは小柄な女性でないと着られないぐらいのサイズ感です。まあ今はXSからしかラインナップされてませんけどね。

まあ大体、STUDIOUSとかのセレオリと似たようなサイズ感と考えて良いと思います。あの手のブランドも結構細い作りですから。

細いブランドに慣れるとユニクロの服がやけに太く感じます。ユニクロのジャケットなんて、スリムフィットを謳っているものでも身幅が大きいんですよね。ユニクロのレギュラー商品は万人受けするサイズ感でないといけませんから。

モノによりサイズが併記されておりXS=2という換算であることが分かります。

ここ何年かのPretty Greenのサイズ感は独特で、Tシャツのサイズ2(M相当)だと肩幅42cmに対して着丈は69cmもありました。店員曰くリアムの好みだそう。コーデとして着丈が長いほうが都合の良い場合もあるのですが、長すぎとの意見が多かったのも確かです。

特筆すべきはアウター類のアームホールの細さで、痩せ型でないとそれなりに厳しかったです。私のBMIは21.03で別に普通の体型なのですが、モノにより窮屈に感じる事がありました。PGを着るために軽く体重を落としたほどです。

サイズ表記はあまりアテになりませんので仕上がり寸法を確認することと、軒並みタイトであるということを頭に入れておいてください。

あとは自分の肩幅と自分の着ている服の肩幅を測れば安全でしょう。参考までに、手元に残っていたスクリーンショットをいくつかアップロードしておきます。服のサイズってシーズンが過ぎたら閲覧できなくなってしまいますから、気になる商品や購入した商品についてはスクショを残すようにしています。

こちらのパーカーは柄こそ派手ですがパターンは標準的なPGといった感じです。サイズ2で肩幅42cmと、やはりタイトであることが分かります。

これの実物は表記サイズよりも細身に感じました。

このポロシャツはサイズ2で肩幅40。なかなかに細い。

このトラックトップは程よいサイズ感で、クタッとした柔らかいコットンで着心地がよくお気に入りです。

こちらはユニオンジャックのフードライナーが目を引きますが、気に入ったのはシェルの色でした。大量生産品ではあまり見ることのないカラーです。

仕上がり寸法の記載がなくなってしまった。

今のサイトだとこのような表記で、仕上がり寸法が書いていません。そのため自分自身のサイズを計測する必要があります。私の胸囲を測ってみると91cmほどでした。ジーンズのウエストは29インチですので、現行のサイズ表記だとXSに適合するっぽいです。いつか買ったらレポートします。

スポンサーリンク

余談 タグの外し方

pretty greenのタグはこんな感じで、小さな丸いプラと紐を組み合わせたものです。プライスタグの特性上切らないと外せないようになってますが、実は切らなくても何とか外せます。

服とつながった側を思いっきり引っ張ればOK。プラスチックのバックルと同じような構造で、カエシがついており抜けないようになってるんですね。もちろん無理やり外してるだけなので、カエシ部分が割れております。あとはプライスタグと一緒に保管するなりご自由に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました