当サイトはジャズマスター偏重型のギターファンサイトです。

Pretty Greenのセール時期とサイズについて

今年もセールが始まりました。PGは値引きが激しいので要チェックです。だいたい夏セールが7月末、冬セールが12月末に始まり最終的には70%オフになります。

ただし最終セールまで待っていてはモノやサイズが無くなっていきますので、セールが告知された段階でさっさと買っておいたほうが良いかと。会員登録していればセールを知らせるメールが届きます。

prettygreen-parka
prettygreen-parka

前回のセールですが、これなんて大当たりでしたね。PGの定番、ペイズリーライナーのモッズパーカです。これが70%offは絶対に買いです。

ベーシックなモッズコートですがディティールを削ぎ落としたモデル。M51モッズパーカを象徴するエポーレットやフィッシュテールは省略され、ウエストのドローコードも無し。

ゴテゴテしがちなミリタリーアイテムを敢えてスッキリさせたというのは好印象です。米軍実物よりもコーデが楽で助かります。

サイズについては仕上がり寸法が書いていないのですが、「Cut in a regular silhouette」の文字がヒントです。ややゆとりがあるという意味ですね。

サイズについては別の記事で検証しましたが、UKサイズのXSが日本のMサイズ相当です。実際にはPretty Greenはスリムなので、Mよりは若干小さいですが。

私は身長168cmなので、XSサイズしか選択肢が無いんですけどね。身長170cm以下で普通体型ならXSで問題ないと思います。

prettygreen-mac
prettygreen-mac
prettygreen-mac

これも70%offでした。MACコートというのはステンカラーコートの事で、ステンカラーコートは和製英語です。

ベーシックでパリッとしたデザインですが、ライナーは同色のペイズリー。派手になりすぎず、かつ主張もあり秀逸です。

ステンカラーコートといえばラグランスリーブですがこちらはセットインスリーブ。ラグランスリーブはなで肩が強調されますので、私にはセットインスリーブが向いてます。

prettygreen-sizeguide

こちらには「Cut for a slim fit」の文字が。読んで字のごとくスリムフィットの意。

実際かなりスリムな作りで、私の肩にジャストフィット。中に着込むと少し肩が張るぐらいのサイズ感です。

直近で購入したアウターは上記の二着ですが、どちらも非常に良いアイテムでした。両方XSを購入しましたが、サイズ感は表記の通りパーカがゆったりとしたシルエットで、MACがタイトなシルエット。

両者に共通していたのはアームホールが細く、そして袖丈が少し余ったということ。その程度は想定内でしたので、少し折り返して着ております。

サイズが合わなければ工夫して着れば良いだけの話です。自分にピッタリの服なんてそうそうありませんから。

気になったのでフィッティングの表記がどれぐらいあるのか調べてみました。

Cut for a relaxed fit

ゆったりとしたサイズ。オープンカラーシャツなど。

Cut in a regular silhouette,Cut in a regular fit,Regular fit

ややゆとりのあるサイズ。デニムジャケットやパーカ等のアウター類。

Cut in a classic fit

昔ながらのややゆったりとしたサイズ。クラシカルなシャツ等。

Fits true to Size

表記通りのサイズ。ハリントンジャケット等。

Cut in a slim fit,Cut For a slim fit

スリムなサイズ。MACコート等。

こんな感じでアバウトにサイズ感が記載されてますので、購入時はチェックしたほうが良いですね。

私が着るとやや袖が余るあたり、スリムで背の高い人向けなブランドで有ることは間違いありません。

そもそもイギリス人の平均身長は178cm、日本人からするとめちゃくちゃデカいんですよね。但し肥満率も6割と高いのですが・・・。

イギリス国内でも、おしゃれに敏感でスリムな人しか着られないのでは?

一応サイズガイドもありますので、胸囲で合わせれば大外れすることも無いかと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました