スポンサーリンク
DIYエフェクターギター

ワッシャーの穴を拡張したいと思った事、ありませんか?

私は何度もあります。

ワッシャーのサイズというのはJIS規格で定められており、特殊な形状のワッシャーはなかなか市販されていないのですね。

私が求めているのは薄く細いワッシャーですが、一般的なホームセンターではまず見かけません。

そうなると自分で作るしかないですね。色々調べてみましたが同じ事を試みた人は多いようで、そしてかなり難しいようです。ワッシャーを溶接で固定して穴を拡張したなんて人も居ましたが、うちは鉄工所ではないのでそんな道具はありません。

ワッシャーのように小さいものに対して切削作業をするのは難しく、仮に固定できたとしてもリーマーで大きな力をかけたら捻じ切れてしまうでしょう。

これはもう、地道に行くしかありませんね。

スポンサーリンク

固定

まず作業するにあたって、固定することを考えなくてはいけません。万力があれば一番良いのですが、うちには無いのでCクランプで挟む事にしました。

段差を補正してなんとか挟んだ状態です。これで第一段階はクリアしました。

スポンサーリンク

削る

1mm厚のワッシャーを削るのはとても大変ですので、ルーターを使います。それでも作業が劇的に楽になる事はありません。ルーターは細かい作業をするためのものであり、今回のように大きく切削する事には不向きなのです。とはいえ他に道具も無いのでこれで頑張るしかありません。

スポンサーリンク

完成

作業すること3時間、ここまで削ることができました。酸化アルミ砥石を一本ダメにして、ようやくこのくらい削る事が出来るのですね。おそらくビットの選定も間違っており、タングステン製を使うべきだったのでしょうね。

時間はかかりましたが、思ったサイズのものができたので結果には満足しています。

使い道はこの通り。DCジャック用の穴を大きくしすぎたので、それを埋め合わせるためのワッシャーが欲しかったのですね。しかし穴径13mmのワッシャーなんて売っていないので、3時間もかけて切削するしかなかったのです。

今思えば、ケースとDCジャックは絶縁されているのでナイロンワッシャーでも良かったですね。それなら作業時間も数十分で済んだでしょうし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました