スポンサーリンク
ハードオフメルカリ

家には34万5000円が眠っている。

これは「かくれ資産」という自宅の不用品の価値総額です。家に眠っている不用品の総額は、一人当たり34万5000円に相当すると。要はメルカリとかの宣伝文句で、「不用品を売っておこづかいにしちゃおう!」という話。

私の言いたいことがお分かりでしょうか。

スポンサーリンク

不用品売ってギター買え!

そう、不用品を処分して得たお金でギターを買いましょう。

しかし私は断捨離とかミニマリストという言葉が好きではないので、何でもかんでも売ってしまう事を推奨しているわけではありません。それは広告代理店に踊らされて、モノを捨てる事自体が目的になってしまっているだけですから。

大切なのは価値を圧縮して、自分の中で本当に価値のあるものだけを買うこと。

物を減らすのはそのための手段であって、目的ではありません。

数が増えすぎると管理が行き届かず必要な時に取り出すことも難しくなり、相対的に一つあたりの価値が落ちます。

結局は良いものを少数持ってきちんと管理し、大切にしていくのが一番なのですね。

そう考えると楽器は優秀です。良い楽器は価値が落ちませんし、上がることさえあります。紛失してしまうことも稀でしょう。

ギターは楽器としては小さい部類で維持費がかからず場所も取らないため、手元に長く置いておくことが可能です。中古の流動性が高く、不要な時にすぐ売って資金にする事もできますしね。

私もモノが多くなりがちな人間ですが、適宜モノを減らすことを心がけています。捨ててしまうのではなく、複数のフリマアプリを掛け持ちしての売却です。人的なコストは度外視、たとえ数百円の利益であっても手間は惜しみません。

当然ながら最初から不用品を買わないのが一番ですが、趣味が変わったり環境が変わると結果として不要になる品は出てきます。

そこを面倒くさがって捨ててしまったり、ハードオフに売ったりしてもお金になりませんから、手間や送料や手数料を払ってでも個人売買を活用するべきです。ハードオフは買うには良い店ですが売るには全く向きません。

スポンサーリンク

ギターは常に今が買い時

日本以外の国は経済成長していますので、ギターの価格が上がることはあっても下がることはありません。人件費のほか、原材料費からして高騰していますから。

昔は円高ということもあって輸入品がとにかく安かったですが、今後は円安が続くでしょうからギターが安くなることはまず無いと考えて良いでしょう。

つまりギターは常に今が買い時なのです。ヴィンテージギターもどんどん上がりますからね。

参考までに、私が7年前に新品のジャズマスターを買った時は6万円でした。現在は中古であってもそれ以上の値段で取引されています。たった7年でこれですよ。

新品のギターでさえも数年後に価値が大きく落ちることは無いのですね。

スポンサーリンク

私の売り物について

楽器関連

まずは楽器の機材ですね。エフェクターとか、ギターのパーツとか。この辺は小さくて梱包も楽なので個人売買向きです。ギターを長くやっていると、使わない機材やパーツが出てきます。こういったのものは必要になった時にまた買えば良いので、処分しても問題ないと思います。但し今後の入手が難しそうなものは絶対に売りません。

パソコンのパーツ

私は自作していますので、時折余りパーツが発生します。特にグラボは予想外に高騰したので、古いものやロースペックなものでも良い値段で売れます。

ゲーム機関連

ソフトではなく、ゲーム機本体やその周辺機器。これが結構売れるんですよね。PSPとか、何かの専用コントローラーとか。一番美味しかったのは先輩からタダで貰ったハンコンでした。

但し私は無秩序な断捨離を好まないので、思い入れのあるものは手元に残します。特に任天堂のゲーム機は私の人生の一部ですから。

高い服

少し高めの服。人気ブランドとか限定コラボなんかはすぐに売れていくのでおすすめです。古着屋は店だと買い叩かれますが、フリマアプリなら多少の価値が付きます。

服はある程度いい物を買って、ある程度着たら売る、というのを繰り返せばローコストでトレンドを追えてオシャレを維持できます。

おすすめしないもの

安ギター

安ギターを売っても送料で赤。故に安ギターを買う事自体をおすすめしません。買うなら使い捨て覚悟です。ジモティーなら2000円くらいで売れるでしょうからそっち行きですね。

漫画

もちろん捨てるよりはマシですが、利益が雀の涙です。紙の本を買う事自体を控えた方が良いかもしれません。大判のコミックを一冊売ったりするのは良いですね。

安い服

あんまり安い服は送料と手数料で赤。厚手の服は送料が大体700円と800円くらいかかりますから。ただユニクロのジルサンダーコラボなんかは、行列が出来る程には人気だったので高値で取引されていました。安い服を買う時は人気を意識すると良いですね。

服はどうしてもトレンドがありますからファストファッションに頼ることにはなりますが、旬が過ぎたら着られませんし売っても値段が付きません。そうなると捨てるしかなく、長期的なコスパは意外と悪いです。

デカいものはジモティー

安ギターや安物の家具はジモティー行き。タダでいいやと思うようなものでも、私は絶対に値段をつけています。無料だとやり取りが無責任なものになってしまうためです。

いい物を長く使う。それが本当のエコ。

これはフォルクスワーゲンのCMのキャッチコピー。実際その通りだと思います。その割に故障が多く維持費も高いため、日本では古いワーゲンなんて走っていないのがお笑いですが。

まあとにかくギターにおいては、ちょっと良い物を買って維持するのが絶対に良いです。5年後、10年後にまた同じような値段で売れますから。

不用品を売ってギターに変換しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました